« インディ・ジョーンズ | トップページ | 花フェスタ »

2008/06/17

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー
三谷幸喜監督・脚本。佐藤浩市。妻夫木聡。深津絵里。西田敏行。綾瀬はるか。

港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は替え玉を仕立てる苦肉の策に出る。そこで白羽の矢が立ったのが売れない俳優・村田大樹。主演映画を撮りたいと村田を騙し守加護へ連れて来るのだった。(goo映画より)

三谷幸喜監督の最高傑作という触れ込みだが、無理筋の破綻劇。芝居なら面白くても、映画的には面白くない作品はよくあるものだ。

映画への愛を告げれば告げるほど、そりゃあお門違いでげしょ、と思われる悲劇。

三谷監督のテレビ露出がなければ、もっとよかったのに、と思わせる不条理劇。

|
|

« インディ・ジョーンズ | トップページ | 花フェスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/41559660

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マジックアワー:

« インディ・ジョーンズ | トップページ | 花フェスタ »