« 迷子の警察音楽隊 | トップページ | アリス生誕祭 »

2008/04/03

春の足音

春の足音
大通公園を歩いていたら、樹木を守るためにかけられていた冬囲い外しの作業が始まっていた。

4月1日の北海道は台風並みに発達した低気圧でものすごい冬嵐に見舞われた。道東の根室や釧路では風速30メートルを超える強風が吹き荒れた。根室の知人に電話をすると、「外は一寸先も見えません。出ると危険です。若いもんは車が埋まって泣いています」とのこと。冗談だろうと言いたいところだが、JR花咲線は列車が長時間にわたって止まった。幹線道路はもちろん一般道路で多くの車が雪に埋まってしまった。

ところが、札幌は風が少し強い程度で、まったく平穏だった。おかげで、天候の回復を待って、3日から冬囲い外しが始まったのだ。公園緑化のスタッフらによって、ツツジ、ライラックなどのムシロや縄が取り外された。

たまたまテレビ塔の前で、ムービーカメラを持ったマスコミ取材陣らしき一団が群れているので何かな、と思ったら、その春待ち作業だった。ものめずらしそうに眺めている外国人の横で、携帯でパシャリ。とりあえず、噴水や花時計も待たれることだ。

|
|

« 迷子の警察音楽隊 | トップページ | アリス生誕祭 »

コメント

旭川も強風と寒さで思わず冬物セーターを引っ張りだして着ています。
そんな中 横断歩道の白線引きが始まって、これも春の風物詩だなぁなんて横目で見ながらコートの襟を立てました。

投稿: クロエ | 2008/04/03 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/40753780

この記事へのトラックバック一覧です: 春の足音:

« 迷子の警察音楽隊 | トップページ | アリス生誕祭 »