« バンテージ・ポイント | トップページ | ダージリン急行 »

2008/03/09

クロサギ

クロサギ
石井康晴監督。山下智久。堀北真希。加藤浩次。市川由衣。大地真央。竹中直人。哀川翔。山崎努。

原作は少年雑誌連載漫画。黒丸・原作、夏原武・原案。

詐欺師(シロサギ、アカサギ)をだます詐欺師をクロサギというのだそうだ。初耳です。

かつて詐欺師のために家族を失った青年・黒崎は復讐を果たすべくクロサギとなった。家族のかたきである御木本を追っているが、情報源としているフィクサーの桂木から、詐欺被害にあったレイコを紹介され、新たなターゲットを告げられる。贈答詐欺を生業としているが、手形にからんだ大型犯罪を手がけている石垣である。ITベンチャーの社長やPC販売員として石垣に近づくが、電子マネーによる罠をかけたところ、石垣の子分がやくざに殺されてしまう。殺人に間接的に関わったことにショックを受けるが、石垣を追いつめる気持ちに変わりはない。一方、身辺には警視庁の知能犯担当の刑事・神志名の影もちらつき始める。高飛びを謀る石垣を追いつめられるか。

テレビの人気ドラマを映画化したらしい。アイドルの山下智久主演ということで、なかなか格好いい青年だし、テレビで宣伝しているので期待して見たが、見事に裏切られた。フィルムノワールのつもりだろうが、なにからなにまで中途半端。花もなければ嵐もない、ましてや身も蓋もないのだ。薄暗い画面は陰気なだけで、逆光の中に浮かび上がるような情念の輝きのようなものは感じられない。困っちゃったな、ホント。

テーマにあるシェークスピア。ブルータス、おまえもか。新劇のようなセリフがなんどもなんども出てくる。若者たちの芝居まである(実際には演じられないが)。だけど、信じていたものに裏切られるというモチーフ。きちんと整理されていないから、それは桂木と石垣の関係か、桂木と黒崎の関係か、はたまたサムワンエルスなのか、よくわからない。人間は影か。そうだけど、それゆえに行動が問われるはずだ。悩める黒崎、それもいいけど、じれったい。

黒崎をいぶかしく思いながらも彼を慕っている氷柱の関係も、ぜんぜんだめだ。二人の間の心の通い合いは中途半端で、単なる隣人か! みたいな腹立たしさを覚えるほどだ。悩める黒崎がサインを見せない以上、名前=名字も覚えられないのも仕方がない。ヒーローとヒロインであるはずの二人のうそ寒さは見てられない。堀北真希。なんだか出ているだけという感じだ。

詐欺師をだます詐欺師の超絶技巧を期待してみているが、学芸会レベルの引っかけしか出てこない。歴戦の詐欺師がちょっと変装しただけのIT社長とPC営業マンを見分けられないなんてのは、まずあり得ない。少なくとも人を信頼させてだます人間が一番見るのは相手の目であり表情のはずだ。電子マネーカードの話でいきなり、2億円をマネーロンダリングする奴は死んでも仕方がない馬鹿だろう。納入品のパソコン箱がからっぽなんてのは詐欺どころか単純な犯罪だ。

アイドルの山下智久を支えるために山崎努や竹中直人らの芸達者がそろっているのだろうが、演技が勝手に空転して、真っ正面から絡んでいるようには見えない。期待の山下智久は格好いい青年であることは間違いないが、私の目にはオーラが映らない。シェークスピアなんて大時代的なエピソードを持ち出さず、アイドル映画として単純明快につくったほうがはるかに面白かったはずだ。なんで、そうしないのだろう。芝居の中で、急に場違いなアイドルの歌が流れるのも、なんだか不自然だ。

黒崎=山下智久と氷柱=堀北真希。生き方の違う二人がどう青春をシンクロさせるか。それをメーンテーマにしたアイドル映画にするね、ワシなら。そして、クロサギというブラックな生き方の宿命を桂木=山崎努と黒崎の擬似親子関係として映し出して、サブテーマとしてアイドル二人を遅う障害とする。後は、2つのテーマに絡めたエピソードとしてつなげていく。

山下君、いい素材なのに、もったいないなあ。明快な脚本、演出による次回作に期待したい。


映画 クロサギ - goo 映画
映画 クロサギ - goo 映画

|
|

« バンテージ・ポイント | トップページ | ダージリン急行 »

コメント

ふ~~む
やっぱり赤影・青影・白影の方が面白い。
・・て、関係ないか。

投稿: クロエ | 2008/03/10 00:57

正解!
「だいじょ〜ぶ」(青影)のとぼけた味も欲しかった

投稿: 席亭うど | 2008/03/10 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/40442407

この記事へのトラックバック一覧です: クロサギ:

» 映画 クロサギ [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
あくまで原作コミックとTVドラマファン向けの作りの作品。詐欺師を騙すクロサギの主人公が、巨大犯罪に挑む物語だ。騙しのテクがあまりに稚拙で、相手がちゃちな変装に気付かないのは目を疑う。堀北真希は何しに出てきたのかサッパリ不明。シェークスピアのネタに至っては....... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 21:47

» 『映画 クロサギ』 [ラムの大通り]
-----この映画って、もともとはテレビのドラマだったんでしょ? 「うん。でもそれを言うなら、最初はコミックだね」 -----じゃあ、設定を知らないと 分かりにくいんじゃニャい? 「ほんとうはそうだね。 まあ、でもこの映画を観る人は、 その大半がコミック、もしくはテレビを知っている人。 だから大丈夫とは思うけどね」 -----でも、えいは テレビについてはまったく知らなかったわけだよね。 「うん。中にはぼくみたいな人もいるかもしれないし、 簡単に設定を話しておくかな。 主人公のクロサギ、こと黒崎(山... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 23:44

» 騙し騙され(映画/試写会:クロサギ) [美味!な日々]
『クロサギ』試写会に行きました。山下智久人気なのか、客が9割方女性というのにちょっと引き気味で着席。そして、、、、予想できたことではありましたが、 [続きを読む]

受信: 2008/03/11 00:37

» クロサギ [欧風]
日曜、イオン下田に映画を観に行きました。 行ったらチケット売り場がものすごい行列!映画館は2階にあるんですが、その列が延びまくって、1階まで来てた(*_*)。この映画館史上最強の混み方じゃないだろうか。何でそんなに混んでたかと言えば、どうやら、 [続きを読む]

受信: 2008/03/13 23:19

» 『映画 クロサギ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「映画 クロサギ」□監督 石井康晴 □脚本 篠崎絵里子 □原作 黒丸・夏原武 □キャスト 山下智久、堀北真希、加藤浩次、市川由衣、大地真央、竹中直人、飯島直子、笑福亭鶴瓶、田山涼成、奥貫 薫、北村有起哉、石橋蓮司、岸部シロー、哀川 翔、山崎 努 ■鑑賞日 3月9日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 久しぶりに若いオネーチャンが多い映画でした(笑) もちろん、山下クン狙いの若い女性が多かったですが、TVドラマで... [続きを読む]

受信: 2008/03/14 08:18

» 映画 クロサギ [わたしの見た(モノ)]
NEWSの山下智久が主演ドラマ「クロサギ」の劇場版。 ストーリー自体は平坦、詐欺の手口、駆け引きも幼稚。 コメディかと思うほど、 突っ込みどころ満載でヒドイ出来。 低学年向けか、テレビスペシャル十分な内容。 テレビシリーズの方が断然オモシロかった。 黒崎(山下智... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 18:05

» 人は動き回る影に過ぎぬ [Ondul Blog ver.β]
『映画 クロサギ』雑感とかメモっぽいもの。 いや、まいったね。今年は超期待してたコミック原作の映画(『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』然り『L change the WorLd』然り)がことごとく微妙な出来であったので、どうせこのクロサギも(以下略)……と、まったく期待...... [続きを読む]

受信: 2008/03/17 18:19

» 【2008-61】映画 クロサギ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 悲しみも喰らって、生きろ。 彼は、詐欺師を騙す[クロサギ]になった。 奪われた人生を取り戻すために・・・ [続きを読む]

受信: 2008/03/23 23:23

» 「クロサギ」これは映画じゃない詐欺のような映画 [soramove]
「クロサギ」★★ 山下智久 、山崎努 、竹中直人 主演 石井康晴 監督、2007年、120分 6作品上映中の劇場の前で 5作品は見てしまったので 残るこの作品をどうしようかとちょっと考え、 そういえば、ポイントで無料で見れるんだと 気がついたのでとりあえず。 ...... [続きを読む]

受信: 2008/04/06 09:18

« バンテージ・ポイント | トップページ | ダージリン急行 »