« クロサギ | トップページ | 日本の財政を考える »

2008/03/10

ダージリン急行

ダージリン急行
ウェス・アンダーソン監督。オーウェン・ウィルソン。エイドリアン・ブロディ。ジェイソン・シュワルツマン。アンジェリカ・ヒューストン。ナタリー・ポートマン。

いいね。この色。行ったことないけど、インドだね。青い空、人の息づかいが伝わる市場、そして黄土色の大地。そして、いかれた3人兄弟のマジカルミステリーツアー。一応、母を訪ねる心の旅だけれど、そう簡単にはおさまらない。それでも、家族愛はインド亜大陸の混沌の中に浮かび上がる。傑作だ。

ヴイトンのバッグみたいなおそろいの旅行セットを持つホイットマン3兄弟。おそらく超一流のお金持ちブラザーズだ。交通事故での父の死から離ればなれになっていたが、長年の呼びかけでインドのダージリン急行の旅に集合したのだ。だが、横柄な兄フランシス、調子のいい弟ピーター、内向的(でも恋愛は早い)な末弟ジャックの仲は簡単には戻らない。そんな単色のいがみあいを美しい家族愛に染め上げるのはインドの大地だ。あほなことを続けるうちに、いつしか3人の心は通じ合っていく。そして、父の死に姿を見せなかった母親に会って、一族の胸につかえたわだかまりは氷解するのか。

ロードムービーだ。みんなスティグマ(傷)をかかえている。おたがいにその傷口に塩をなすりつけるのだが、それによってスティグマは静かに消えていく。ヒンズーの世界観をよく知るわけではないし、この3バカがそれを理解しているはずもないが、一種のレットイットビーなのだ。小賢しい知恵などなんの役にも立たない。でも、大地に生まれた人が大地に還る。インドの大地と水と人はしみじみ沁みてくる。

ダージリン急行のまじめな車掌、魅力的なライム娘の美女リタをはじめとした同行者たちは3兄弟の混乱を映す鏡だ。そして、冒頭の短編「ホテル・シュヴァリエ」に登場する青あざの女を演じるナタリー・ポートマンも印象的だ。全裸です。最近よく脱いでますね。

一番印象に残るのは走るシーンだ。タクシーを飛ばしてきた紳士が「あの列車だ」と言ってホームに行くが、列車はすでに動き出している。なんとか飛び乗ろうとするが、追いつかない。すると、後ろから背高のっぽの男がフル回転でやってくる。足が長いのか走るのが速いのか。あきらめた紳士を尻目に、男は見事に列車に飛び込む。その列車がダージリン急行だ。そしてラスト。3バカ兄弟がバッグを手に列車を追いかける。重いセレブの荷物を捨てて、ようやく飛び乗った3人の解放された笑顔。いい終わり方だ。別にインドが心の迷いを洗い流すなんて思わないが、それでもイインドだ。

ダージリン急行 - goo 映画
ダージリン急行 - goo 映画

|
|

« クロサギ | トップページ | 日本の財政を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/40457267

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリン急行:

» ダージリン急行 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
不思議なユーモアが漂うが、それには、インドという舞台設定が何より効いている。ちぐはぐな3兄弟が自分探しと兄弟の絆を確認するロード・ムービーだ。個性的な顔つきの俳優、おそろいのスーツケース、顔の包帯など、ビジュアルもインパクトがあって面白い。亡くなった父に....... [続きを読む]

受信: 2008/03/10 23:40

» ダージリン急行 [I N T R O]
『列車は進むよどこまでも』 / (ネタバレの可能性あり) 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(01)や「ライフ・アクアティック」(05)で、「大人になりきれない大人」や「空中分解している家族」の姿を独特なユーモア感覚で描き続けているウェス・アンダーソンの新作は、やっぱりちょっと間抜けでダメな大人達と家族の葛藤を描いた”ゆる系”コメディなのだった。...... [続きを読む]

受信: 2008/03/12 12:57

» ダージリン急行 を観ました。 [My Favorite Things]
おすぎさんの評価は、「この監督とは相性が悪い…」でした。そして私はどうなのか? [続きを読む]

受信: 2008/03/15 08:42

» 「ダージリン急行」 第17位 [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 20 オープニング土日興収: 956万円この週末からは1週遅 [続きを読む]

受信: 2008/03/15 11:42

» 【2008-65】ダージリン急行(THE DARJEELING LIMITED) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 家族の絆を探して ダージリン急行で インドを旅する あした、僕たちはどこにいるんだろう... 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー! ... [続きを読む]

受信: 2008/03/22 19:27

» 映画「ダージリン急行」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「ダージリン急行」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2008/03/23 21:28

» ダージリン急行 [Matthewの映画日記?]
今週の金曜までの上映だったので、今日は『ダージリン急行』を観て来ました。 ストーリー的には、家族愛(兄弟愛)を描いた作品なのでしょうが、ちょっと意味わかんなかったですね。 3兄弟の心の旅を描いた作品なので、感じ方は人それぞれなのだと思います。 ただ、ストーリーは漠然としていましたが、鑑賞後は、なんかにんまり{/face_hohoemi/}しちゃう、コミカル(?)で温い映画でした。 いい歳をした3兄弟のやる事なす事、すべてが変わっていて、3人とも個性が強くて、もちろん本人たちは兄弟じゃないから、容... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 00:03

» 「ダージリン急行」おかしな3兄弟の珍道中 [soramove]
「ダージリン急行」★★★☆ オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン主演 ウェス・アンダーソン監督、2007年、アメリカ、92分 壊れかけた兄弟の絆を取り戻そうと 3兄弟はインドのダージリン急行に乗る。 ナチスから命...... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 21:48

« クロサギ | トップページ | 日本の財政を考える »