« 郷土誌あさひかわ504 号 | トップページ | あの、有名な »

2008/03/19

ペネロピ

ペネロピ
あるがままの自分の素晴らしさに気づいたら幸せはやってくるというおとぎ話。

マーク・パランスキー監督。クリスティーナ・リッチ。ジェームズ・マカヴォイ。リース・ウィザースプーン。ピーター・ディンクレイジ。

社交界でも注目を浴びる名家・ウィルハーン家に、ブタの鼻と耳を持ったペネロピが生まれる。娘をマスコミや世間から守るため、両親はペネロピを死んだ事に。こうして彼女は、屋敷の中だけで生きてきた。先祖の悪行によって一族にかけられた呪いを解く方法は、ただ一つ。ウィルハーン家の“仲間”、つまり名家の人間にありのままの彼女を愛してもらうしかない。だが7年もお見合いを繰り返しているのに、彼女の顔を見ても逃げ帰らない男性は現れず…!?(goo映画より)

異形の者は幸せになれない。「シーザーハンズ」、「オペラ座の怪人」「キングコング」etc..。時代の暗部を敏感に反映したトリックスターの絶望は深い。かろうじて救いを迎えるのは「エレファント・マン」」くらいか。ところが、異形の女性の運命は必ずしも悲劇的であってはならないのだ。なぜならば、女性とは希望の象徴だと思われているからか。

ブタ鼻の女の子。こんな恐ろしい呪いはまるでグリム童話かなにかの世界だ。シンデレラも顔負けの残酷な運命。会った男たちはみなたたりをおそれて逃げ出す。ところがたで食う虫も好きずき。女の子に関心を持つ者が現れる。当然ながら、美男子である。なぜ彼が彼女を好きになるのかは今ひとつわからない。姿を見ないままに、戯れたからか。でも、大切なのは女の子がこの出会いから自分も好かれる存在かもしれないと気づくことだ。呪いを解くことはかなわないが、新しい環境で生きてみようかと思い出すのだ。自分への信頼の萌芽。ドリームカムツルー。

ブタ鼻であろうとなかろうと、私は私でいい。変わることも媚びることもないんだ。そう得心した瞬間、すべて呪い(コンプレックス)は退散するのだ。なんというポジティブなメッセージか。あまりにもシンプルだが。茶化しているのじゃなく、こういう前向きな生き方が嫌いじゃない。

ブタ鼻の女の子がメーンテーマなら、片眼の小柄なトップ屋おやじがサブテーマである。彼は虚栄の裏側を暴露しようと傷を負う。このため、偽善者と組んでブタ鼻の女の子の正体をつかもうとする。しかし、女の子が覚悟を決めてからはむしろ女の子の応援団に変わる。なぜなら、彼もまた呪いをかけられた存在であったからだろう。潔く生きようとする女の子は彼自身のあるべき姿でもあるのだ。かっこいいぞ。

ブタ鼻であっても、クリスチーナ・リッチはかわいい。むしろ、キューティブロンドのリース・ウィザースプーン以上だ。ファッションも楽しめる。覆面姿でビールをストローで飲むなんて、ファンキーだぜ。

考えてみれば、みんな一つ二つは呪いをかけられて生きているのではないだろうか。くじけてなんか、いられない。

ペネロピ - goo 映画
ペネロピ - goo 映画

|
|

« 郷土誌あさひかわ504 号 | トップページ | あの、有名な »

コメント

シラノ・ド・ベルジュラックの女性版でしょうか?
「鼻」ひとつで悲喜劇ができちゃうんだlからすごいなぁ~。
スティーブ・マーチンの「愛しのロクサーヌ」が観たくなりました。

投稿: クロエ | 2008/03/20 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/40561029

この記事へのトラックバック一覧です: ペネロピ:

» 映画レビュー「ペネロピ」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
◆プチレビュー◆風変わりなおとぎ話でキュートなラブロマンスは、豚の鼻を持った女の子が主人公。ポップな映像が楽しい。 【65点】  裕福な名家に生まれながら、先祖がかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳を持って生まれたペネロピ。何とか結婚させて呪いを解こうとする...... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 00:24

» 「ぺネロピ」 [或る日の出来事]
とても可愛らしく、ファンタジックなラブストーリーだった。 こうであってほしいと(私が)思うとおりの決着を、ほとんど迎えるといっていい... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 00:37

» 『ペネロピ』 [cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー]
自分にとっては珍しく、昨日の夜も仕事帰りに映画鑑賞。2夜連続で映画鑑賞するなんて奇跡だ(笑)。ということで、新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。公開1週目だけレイトショーをやっていたので、それ狙いで。それにしても、水曜レデ...... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 01:58

» 38●ペネロピ [レザボアCATs]
もともと、こういう雰囲気の大人の童話的なファンタジーが大好きなので、これは絶対見よう!と随分と前から決めていた作品。思ったより、ずっとコメディタッチ。なかなか楽しめた。クリスティーナ・リッチ、ブタッ鼻をつけていても、すっごくかわいくって・・・。... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 10:23

» ペネロピ/ PENELOPE [我想一個人映画美的女人blog]
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました〜。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演のクリスティーナ・リッチの写真載せたけど 一応これ、コメディ。 不幸にも先祖の罪の呪いを受けて、生まれつき豚の鼻を持って生まれてしまった女の子ペネロピ。 呪いを解く為には良家のぼっちゃんと結婚させて幸せになることだと信... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 11:03

» ペネロピ 試写会(ネタバレ) [RE:ねこのうたたね]
Penelope (2006) Director : Mark Palansky Cast : Christina Ricci, James McAvoy, Catherine O'Hara, Reese Witherspoon Genre : Comedy / Fantasy Runtime : 101 min Company : Stone Village Pictures, 東京テアトル、デスペラード 参考リンク → IMDb / RottenTomatoes / allcinem... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 18:51

» ハッピーなおとぎ話(映画/試写会:ペネロピ) [美味!な日々]
うーん、一週間に2回もステキな映画に出会えると、うれしくなっちゃいますね〜。数日前の『ガチ☆ボーイ』に続いての試写会は『ペネロピ』。 [続きを読む]

受信: 2008/03/21 00:03

» ペネロピ を観ました。 [My Favorite Things]
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって… [続きを読む]

受信: 2008/03/22 23:14

» 『ペネロピ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース・ウィザースプーン■鑑賞日 3月20日(木)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> なんだかシンデレラのようなストーリーなんだけど、今ハリウッドの女優で一番豚鼻の似合うのはクリスティーナ・リッチ以... [続きを読む]

受信: 2008/03/24 12:35

» 映画:ペネロピ [駒吉の日記]
ペネロピ(テアトルタイムズスクエア) 「本当の私じゃない」 現代版カエルの王子様、そのとーりなのですが、腹の据わり方がハンパない。先祖の不誠実のせいなのにグレたりせず、冷静に自分をみつめて、逞しくて。まあ呪いをかけられた王子様よりお姫さまがしっかりしてると... [続きを読む]

受信: 2008/03/25 12:42

« 郷土誌あさひかわ504 号 | トップページ | あの、有名な »