« 日本の10大新宗教 | トップページ | 昼食★無問題★Ж »

2008/01/29

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない
札幌映画サークルが2007年の映画ベスト10を発表した。
それによると、邦画は「それでもボクはやってない」、洋画は「善き人のためのソナタ」が一位になった。邦画二位以下は「キサラギ」「夕凪の街桜の国」、監督賞は周防正行、洋画は「ドリームガールズ」「不都合な真実」、監督賞はマイケル・ムーア。
いささかきれいにおさまりすぎだが、仕方がないか。これまで、触れていない作品は一つだけなので、一応メモを挙げておく。

<不都合な真実>
デイビス・グッゲンハイム監督。アル・ゴア。
元米国大統領候補のアル・ゴアが進める環境講座を96分にまとめたドキュメンタリー。地球温暖化の原因をCO2であることを論証しつつ、今こそ立ち上がれ、と訴える。
一種のプロパガンダ映画であるが、それでも嫌みはない。北極や南極のみならず、各地で進む氷河の後退。そして、大型台風と干ばつの原因なども明解に解き明かす。
「省エネ型の電化製品に交換しよう」「過剰包装を断ろう」「たくさんの木を植えよう」。すぐにできる十カ条を訴えかけている。

まあ、ノーベル賞だし、今さらかなあ。

|
|

« 日本の10大新宗教 | トップページ | 昼食★無問題★Ж »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/17884100

この記事へのトラックバック一覧です: それでもボクはやってない:

» ロジャー&ミー [マイケル・ムーア映画ファンサイト,それでもボクはやってない]
『マイケル・ムーア/ロジャー&ミー』1989年に製作。アメリカ映画ドキュメンタリー作品です。日本公開は2004年6月。マイケル・ムーアの映画監督デビュー作品です。ミシガン州フリント、自分の故郷の街が、危機に瀕していることを知ったマイケル・ムーア氏はが、GMの“合理化政策”に抵抗しようとする街の人々を撮り始めました。『アホの壁in USA』... [続きを読む]

受信: 2008/01/30 14:29

« 日本の10大新宗教 | トップページ | 昼食★無問題★Ж »