« 昼食★無問題★Е | トップページ | 芥川賞・直木賞の思い出あれこれ »

2008/01/17

芥川賞についてもひと言

芥川賞は直木賞に比べると、印象が薄い。
結局は新人賞ということからか。その結果、周囲の関心もその文学性(だいたいよくわからんだろうが、そんなことは)よりも、トシが若いやら、変わった経歴だとか、美人だとか、そちらの方向に走ってしまう。
ちなみに、以下は主催者資料による最近の受賞者一覧である。
123(2000上期) 松浦寿輝「花腐し」
124(2000下期) 青来有一「聖水」
124(2000下期) 堀江敏幸「熊の敷石」
125(2001上期) 玄侑宗久「中陰の花」
126(2001下期) 長嶋有「猛スピードで母は」
127(2002上期) 吉田修一「パーク・ライフ」
128(2002下期) 大道珠貴「しょっぱいドライブ」
129(2003上期) 吉村萬壱「ハリガネムシ」
130(2003下期) 金原ひとみ「蛇にピアス」
130(2003下期) 綿矢りさ「蹴りたい背中」
131(2004上期) モブ・ノリオ「介護入門」
132(2004下期) 阿部和重「グランド・フィナーレ」
133(2005上期) 中村文則「土の中の子供」
134(2005下期) 絲山秋子「沖で待つ」
135(2006上期) 伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」
136(2006下期) 青山七恵「ひとり日和」
137(2007上期) 諏訪哲史「アサッテの人」
138(2007下期)川上未映子「乳と卵」
絲山秋子さんは芥川賞というのも、なんだか、はは~んである。そして、そのほかの人も、いろいろな意味で微妙である。芥川賞は不思議である。

|
|

« 昼食★無問題★Е | トップページ | 芥川賞・直木賞の思い出あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/17726207

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞についてもひと言:

« 昼食★無問題★Е | トップページ | 芥川賞・直木賞の思い出あれこれ »