« エウ゛ァンゲリヲン降臨その18 | トップページ | 手抜きで映画紹介・2007もごもご編 »

2008/01/09

少年よ大志を抱け

少年よ大志を抱け
札幌の観光名所でもある二条市場の裏に住んでいる。創成川通り、石狩街道は毎日の通り道である。二条市場からテレビ塔に向かって歩いてすぐの南2東1のところに明治時代のお雇い外国人が住んでいた。かの高名なクラーク博士である。札幌の開拓使本陣と呼ばれた建物にいて、若者たちに農業(欧米式か!)や植物学、英語などを教えていたのである。一年間の仕事を終えたクラーク博士は明治10年4月16日、本陣前で学生諸君らと記念撮影し、馬上の人となった。かの有名なボーイズ・ビー・アムビシャスは札幌から離れた島松駅逓での言葉である。毎日、本陣跡前を通り、遺訓を学ぶべく、くらーくならないようにしているが、ついぞ大志とは縁がないのはなぜだろうか(無気力か!)。

|
|

« エウ゛ァンゲリヲン降臨その18 | トップページ | 手抜きで映画紹介・2007もごもご編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/17629553

この記事へのトラックバック一覧です: 少年よ大志を抱け:

« エウ゛ァンゲリヲン降臨その18 | トップページ | 手抜きで映画紹介・2007もごもご編 »