« 足掛け二年の帰郷 | トップページ | チャプター27 »

2008/01/02

PEACE BED

PEACE BED
PEACE BED
「アメリカVSジョン・レノン」。デビッド・リーフ&ジョン・シャインフェルド製作・脚本・監督。
アメリカが大義なきベトナム戦争を続けていた1960-70年代。世界的な人気バンドとなったビートルズのジョン・レノンがいかに誠実に時代を生きたか、そしてニクソン政権がいかに卑劣な犯罪者集団と化していたかを描き出すドキュメンタリー。ジョンの盟友で妻であるオノ・ヨーコによるコメントもふんだんに盛り込まれている。
真面目な作品で感動すべきところが多い。だが、ニクソン一派との闘いは今日では広く知られている。映画としては正直、物足りない。

|
|

« 足掛け二年の帰郷 | トップページ | チャプター27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/17557943

この記事へのトラックバック一覧です: PEACE BED:

» 映画「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」を見る [ 北海道美術ネット別館]
 11日で終わりだというので、あわててシアターキノへ。  うーん。評価のむつかしい映画だなあ。  オノ・ヨーコや、有名キャスターであるウォルター・クロンカイト、かつてFBIに勤務していた人などなど、各方面にインタビューを重ね、米ニクソン政権がジョンを本気で危険視し、監視していた過去を暴いていくドキュメンタリなのだ。  でも、この映画を見るのは、筆者のようにビートルズやジョン・レノンの音楽が大好きな人間であって、彼らに興味がない人はたぶん見ないだろう。  しかし、ビートルズやジョン・レノンが大好き... [続きを読む]

受信: 2008/01/09 23:01

« 足掛け二年の帰郷 | トップページ | チャプター27 »