« 久生十蘭「従軍日記」 | トップページ | ダーウィン・アワード »

2008/01/13

onceダブリンの街角で

onceダブリンの街角で
ジョン・カーニー監督。グレン・ハンサード。マルケタ・イルグロウ゛ァ。
うわさの音楽映画をようやく見ることができた。
アイルランドの首都ダブリンの街角。男はストリート・ミュージシャンとして壊れたギターを手に歌い続けている。女はチェコからの移民、花を売りながらピアノを弾くのを楽しみにしている。2人の出会いが2人の持つ音楽の潜勢力を共振させていく。好きなのに、結ばれない運命ってあるけれど、人間ってそのようにしか生きられないわけだし。
私を欲しいなら私を満たして。マルケタの切なくも美しい声が心に残る。ザラザラとした映像がぴったり。
ONCE ダブリンの街角で - goo 映画

|
|

« 久生十蘭「従軍日記」 | トップページ | ダーウィン・アワード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/17679070

この記事へのトラックバック一覧です: onceダブリンの街角で:

» 『Once ダブリンの街角で』 [きぶんしだい]
            『Once ダブリンの街角で』を梅田ガーデンシネマにて鑑賞 ●あらすじ● 昼夜毎日ダブリンの街中でギターを鳴らす男(グレン・ハンサード)。 昼はメジャーな曲のカヴァーで客を引き寄せ、 夜は自分が作詞作曲した歌を思う存分お客もいないのに奏でる日々。 ある日、男はチェコから移り住んできた女(マルケタ・イルグロヴァ)と出会う。 ピアノが上手な彼女の才能をかい、2人はセッションするようになる。 この映画は、アメリカで初めたった2箇所でしかやってなかったらしいけど、お客... [続きを読む]

受信: 2008/01/15 22:18

« 久生十蘭「従軍日記」 | トップページ | ダーウィン・アワード »