« AVP2 | トップページ | 足掛け二年の帰郷 »

2007/12/31

仮面

仮面
金太中著。思潮社刊。本体価格2800円。
「わがふるさとは湖南の地」で第39回北海道文学賞受賞。この実業家として成功した在日の詩人は老境に入り、生きることの悲しみを内省的に吐露してやまない。

仮面の人が
歩いている
照れ隠しに
手を挙げ
うすら笑いを浮べて
歩いている

とどのつまり
世のなかは
独り旅よと
すたすたと
(仮面の人)

人はたれでも、ひとりで遠くにいくしかないのだろう。

|
|

« AVP2 | トップページ | 足掛け二年の帰郷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/17537542

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面:

« AVP2 | トップページ | 足掛け二年の帰郷 »